​大会長あいさつ

ガラス建築

 日本心理学会第84回大会は、COVID-19の世界的拡大という予想もしなかった事態のために、インターネットを介したバーチャルな大会として実施することになりました。日本心理学会の長い歴史の中で初めての試みであり、大会準備委員一同、何かと戸惑うことが多かったのですが、大会参加者ならびに日本心理学会会員の皆さまのご支援により、心配していたような大きな混乱もなく、無事に会期を終えることができる見通しとなりました。9月8日から10日までの3日間と予定していた大会を11月2日まで延長し、できるだけ多くの方々にご参加いただき、多くの情報交換を行っていただきたいと願っていましたが、早いもので、本日10月21日から約2週間後に閉会を迎えることになりました。
 私は今、東京都文京区本郷にある公益社団法人日本心理学会事務局に来ております。通常の大会であれば、会場に事務局のデスクを設けて参加者へのサービスや大会のサポートをしていただくはずでしたが、今回はそのように表に出ることはなく、縁の下の力持ちとして大会の運営を支えていただきました。大会担当の仮澤亮さん、恩田麻里菜さんには本当にお世話になりました。また、坂田事務局長にも御礼を申し上げたいと思います。皆さま、ありがとうございました。
 まだ会期が2週間ほど残っていますが、10月17日時点での参加者数等をご報告いたします。参加者数は2,359名です。うち、会員が1,723名、非会員が636名です。非会員の中で、学部生・高校生が328名です。大会準備委員会で企画したプログラムとしては、招待講演7件、シンポジウム11件を用意いたしました。デジタルポスターによる一般研究発表は904件で、アクセス数は19,189件でした。また、特設サイトの動画再生数は6,969回ですが、コンテンツ配信サイトのアクセス数は本日時点では不明ですので、後日ご報告いたします。協賛企業は44社でした。そして、今回は新たな試みとしてWeb出展を行いましたが、22社にご参加をいただきました。
 参加者の皆さまには、東洋大学白山キャンパスにお越しいただくことができず、とても残念に思っております。このコロナ禍が終息しましたら、ぜひ機会を見つけてご訪問いただきたいと思います。
 来年の第85回大会は、明星大学にお引き受けいただくことになっています。大会長は境敦史先生、事務局長を竹内康二先生がお務めくださると伺っています。どうぞよろしくお願いいたします。
 最後に、皆さまのご支援のおかげでオンラインでの大会を運営することができました。本当にありがとうございました。
 The 84th Annual Convention of the Japanese Psychological Association will be closed on November 2nd. We, the members of the Organizing Committee, would like to express our appreciation to all the participants and all the JPA members for supporting this online convention. 
Thank you. 

 

日本心理学会第84回大会準備委員会大会長

 大島 尚

 

 

*大会長による開会の挨拶は、こちらからご覧いただくことができます。

  • Facebook
  • Twitter

Copyright © The Japanese Psychological Association, All rights reserved.